交通事故,バイク交通事故,自転車交通事故,示談書,損害賠償請求

楓行政書士法務事務所

横浜市,川崎市,神奈川県    バイク事故 自転車事故    交通事故 示談書 慰謝料相場

→  HOME 

→  事務所案内

 

→  会社設立代行

     起業支援

 

→   ネットショップ

      ネットビジネス

 

→   著作権

      著作権侵害

 

→  契約書作成

   示談書

 

→   公正証書作成

 

→  クーリングオフ

   中途解約,返金,

   悪徳商法

 

→  隣人トラブル

    近隣トラブル

 

→  遺言書作成

    遺産分割,相続トラブル

 

→  欠陥住宅トラブル

 

→   交通事故

 

→   インターネットトラブル

 

→   ペットトラブル

 

→   労働トラブル

 

→   離婚協議書,

     離婚相談

 

→   入国管理局 ビザ申請

 


→Home   line   



  電話相談・メール相談(見積もりは無料相談は、こちらの料金の案内のページをご覧ください。

     交通事故示談・交通事故示談書作成

・ 交通事故(自転車事故・バイク事故含む)における示談書 (和解協議書・和解契約書) 、示談書案の作成

・ ご自身で示談交渉される場合の、立会い、各種書類 (内容証明、示談書案、損害賠償請求通知など) 作成、証拠収集の相談・サポート

(ただし、法的紛争段階にある場合など一定の場合、対応可能範囲が異なります(お問い合わせください))

 

 (1) 交通事故の示談  

 

 示談書においては、主に損害賠償についての合意をします。 保険会社からの示談の提示額に納得いかない場合などもご相談ください。

 

 保険会社は、法律知識がないと思われる一般の方に対しては、損害賠償額を低い基準で提示することが多々あります。

 保険会社に言われるがままの示談の条件で示談に合意してしまい、後で泣き寝入り、といったことのないようにご相談ください。

 

 交通事故加害者が個人の場合、被害者は、民法上の 不法行為責任に基づく損害賠償責任(人的損害および物的損害)を、加害者が被用者(ドライバーなど)の場合、本人に不法行為責任、会社に対して、使用者責任(人的損害および物的損害)、自動車損害賠償保障法(自賠法)の運行供用者責任(人的損害のみ)に基づいて、損害賠償(財産的損害および精神的損害(慰謝料))を請求できます。

  

 人身事故の場合

      1. 傷害事故

      ・入院費等の医療費および交通費等の雑費

      ・休業損害

      ・慰謝料

      ・逸失利益(事故がなければ得られたであろう利益)

      2. 死亡事故

      ・医療費のおよび雑費

      ・葬儀費用

      ・逸失利益

      ・慰謝料(対本人、対親族)

       

   物損事故の場合

      ・車両の損害にかかわる修理費等

      ・車両以外の損害(建物、ガードレール、信号機など)の修理費

 

    被害者の側にも過失(不注意)が有る場合、過失相殺されるので、被害者はその分についての損害は賠償する必要はありません。

 

  過失相殺にあたっては、次のようなポイントが判断されます。

      ・道路交通法等法令に定められた規定

   ・事故発生の時と場所における環境(昼夜、天候、交通量、運転慣行など)

   ・事故発生の予見可能性・回避可能性

 

   これらの損害額を相場 (裁判所の判例や、弁護士会の基準) を考慮し、被害者が請求します。

 

 (2) 示談交渉について

 

 なお、弁護士法等との関係上、行政書士が、訴訟となる蓋然性が客観的に認められるような事例((例)相手が和解に応じる気はなく、裁判で白黒つけると主張している)において、示談(和解)契約の締結の交渉代理などを行うことは認められません

 他方、加害者と被害者の当事者間で、和解(示談)に向けた合意ができている場合には、当事者間での和解(示談)交渉の場に付き添い・同席、示談書・示談書案の作成、内容証明等書類作成などを行います。

 相手方を納得させるためには、法令・判例など法的根拠に基づいた説得力のある書面を作成する必要があります。

 

 示談書を、強制執行力のある公正証書にするには、こちらの 公正証書業務のページ をご覧ください。

 (3) 自賠責保険請求など

 

 自賠責保険の請求手続(保険金・内払金・仮渡金)として、自動車損害賠償保障法第15条 加害者請求、第16条 被害者請求、第17条 仮渡金の請求、 第72条 政府保障事業への請求に係る書類作成


 その他、後遺障害等級認定に対する異議申立書の作成、(財団法人)自賠責保険・共済紛争処理機構に対する調停申請の代理など法廷外紛争処理のサポートなどもお問い合わせください。

 

 自賠責や任意保険の請求手続にあたっては、損害賠償請求金額の算定が欠かせません。そのための事故の因果関係や過失相殺などのための法的な根拠の調査をいたします。


 (自動車損害賠償保障法)

 第3条は、自己のために自動車を運行の用に供する者は、その運行によって他人の生命又は身体を害したときは、損害賠償責任を負うとしています。ただし、自己および運転者が自動車の運行に関し注意を怠らなかったこと、被害者または運転者以外の第三者に故意または過失があったこと、ならびに自動車に構造上の欠陥または機能の障害がなかったことを証明したときは、免責されうるとしています。

 

  電話相談・メール相談(見積もりは無料相談)・書類作成は全国対応です。


 以下の地域の場合、他の業務が入っていない場合、当日の出張相談も可能。喫茶店などでの相談も可能。

・横浜市 鶴見区 ・横浜市 神奈川区 ・横浜市 西区 ・横浜市 中区 ・横浜市 南区 ・横浜市 保土ヶ谷区 ・横浜市 磯子区 ・横浜市 金沢区 ・横浜市 港北区 ・横浜市 戸塚区 ・横浜市 港南区 ・横浜市 旭区 ・横浜市 緑区 ・横浜市 瀬谷区 ・横浜市 栄区 ・横浜市 泉区 ・横浜市 青葉区 ・横浜市 都筑区・川崎市 幸区・川崎市 中原区・川崎市 川崎区・東京都 大田区・東京都 世田谷区・東京都 渋谷区・東京都 目黒区・東京都 品川区・東京都 港区・新宿区・千代田区・中央区 (東急東横線、東急目黒線、京浜急行線、京浜東北線沿線など)

・東京都文京区 ・台東区 ・墨田区 ・江東区 ・中野区 ・杉並区 ・豊島区 ・北区 ・荒川区 ・板橋区 ・練馬区 ・足立区 ・葛飾区 ・江戸川区  についてはおおむね当日も可能です。