遺言書・公正証書遺言書・遺産分割協議書・念書等作成 遺産相続トラブル予防 円満な遺産相続

楓行政書士法務FP事務所

遺産分割協議書,円満な相続

遺言書,公正証書遺言

遺産相続トラブル予防,横浜市 

→  HOME 

 

→   事務所案内

 

→   会社設立代行

     起業支援

 

→   ネットショップ

     ネットビジネス

 

→   著作権

     著作権侵害

 

→  契約書作成

   示談書

 

→   公正証書作成

 

→  クーリングオフ

中途解約,返金,悪徳商法

 

→  隣人トラブル

    近隣トラブル

 

→  遺言書作成

 遺産分割,相続トラブル

 

→  欠陥住宅トラブル

 

→   交通事故

 

→  インターネットトラブル

 

→   ペットトラブル

 

→   労働トラブル

 

→ 離婚協議書,離婚相談

 


→Home   line   


 横浜市の30代前半行政書士FPが、遺産相続トラブルを予防する遺言書、円満な遺産分割協議の実現の相談に対応。神奈川県、東京都ほか、書類作成・相談は全国対応です。

 電話相談・メール相談(無料相談あり、見積もりは無料相談)および料金の目安は、こちらの料金案内のページをご覧ください。

 

 行政書士業務として、遺言書作成サポート、遺産相続時の遺産分割協議書や相続人関係説明図等の書類作成、その前提となる財産名義等の調査

 FP業務として、相続に関する「お金」にかかわる法律・制度の説明・活用提案

 

 以上により、遺産相続に関して

・死後の相続トラブルを予防し、かつ、希望に沿った遺言を実現するための相続前の遺言書作成

・遺産相続後においては、相続人間の円満な遺産分割向けた遺産分割協議をサポートします。

 

(相続人間で協議が決裂して相続争いが既に裁判等の法的紛争段階にあるような事案における協議の代理や、当該事案における具体的な相続税金額の提示・登記申請は他士業紹介等の対応となります。)

 1. 遺言書作成

 遺言には、本人を筆者とする「自筆証書遺言」、公証人を筆者とする「公正証書遺言」、筆者の不特定の「秘密証書遺言」の3種類があり、「公正証書遺言」では証人等、「秘密証書遺言」ではその作成等を承ります。

 自筆証書遺言書は要件を満たしていないと無効とされる場合があります。後々の紛争を防ぐため、しっかりした遺言書を予め作るための相談に対応します。 

 相続させたくない人がいる、生前贈与をしたいなどご相談ください。

 

 公正証書遺言の規定事項

遺言書作成時に2人以上の証人(相続人・受遺者等以外の第三者)の立会いが必要です。公証役場は全国のどこの公証役場でもかまいません。

遺言者が遺言の主旨を公証人に口述します。

 公証人が遺言者の口述を筆記し、これを遺言者および証人に読み聞かせます。

ぁ^筝声圓よび証人がこれを承認した後、各自がこれに署名押印します。遺言者は通常、実印と印鑑証明が必要です(認印で可能)

 公正証書遺言を用いるメリット

 仝極椶公証役場に保管されるため、 遺言書の偽造や紛失の心配がありません。

◆仝証人が作成するため、形式の不備などで無効になることはありません。

 相続開始の際に家庭裁判所の検認を受ける必要もなく、遺言書を開封することができます。

 

 公正証書遺言については、こちらの公正証書作成業務のページをご覧ください。

 

 2.遺産分割協議書作成

 遺言がない場合、相続人全員で遺産分割協議をして、遺産を分割します。

 この遺産分割協議は、相続人の全員で行わないと成立しません。

 したがって、相続人の一部が強度の認知症であるなど、意思無能力者だと分割協議は無効ということになります。

 

 当方にご依頼されると、相続人関係説明図等の書類作成、その前提となる財産名義等の調査等で相続人間の遺産分割協議のサポートを行います。

 まとまった協議をその内容を遺産分割協議書として書面化します。

 さらに、亡生命保険金請求が必要な場合、請求に必要な書類収集、請求書面作成を承ります。

 

 3.遺留分減殺請求代行

 遺言書で、法定相続人以外の者に全財産を遺贈するとの遺言をすることもできます。しかし、それでは法定相続人にあまりにも不利益であるため、民法上、遺産のうち一定の割合は必ず相続人に取得させる遺留分(いりゅうぶん)という制度があります。


 もっとも、相続人の遺留分を侵害する遺言でも、当然に無効となるわけではありません。

 

 遺留分についての権利を行使するかどうかは相続人の自由であるので、実際に、自己の遺留分に相当する財産・価額の返還を請求する遺留分減殺請求がなされるまでは有効とされます。

 

 しかし、遺留分を侵害された相続人が、遺留分減殺請求権を行使すると、受遺者・受贈者は、侵害している遺留分の額の財産を相続人に返還しなければならなくなります。

 この際に、返還する額をめぐって訴訟になるケースも多いです。

 

 4.相続財産調査・遺言執行手続代行 

 相続の対象となる相続財産を調査・把握するために、公証人に、被相続人名義の銀行の貸金庫の中身の点検・確認などの事実の確認、およびその旨を公正証書にしてもらう事実実験公正証書作成の代行も承ります。 

 公務員である公証人の作成した公正証書は、仮に希望していなかった裁判に至ったとしても公文書として、強い証拠力を有します。


・横浜市 鶴見区 ・横浜市 神奈川区 ・横浜市 西区 ・横浜市 中区

・横浜市 南区 ・横浜市 保土ヶ谷区 ・横浜市 磯子区 ・横浜市 金沢区

・横浜市 港北区 ・横浜市 戸塚区 ・横浜市港南区 ・横浜市 旭区

・横浜市 緑区 ・横浜市 瀬谷区 ・横浜市栄区 ・横浜市泉区

・横浜市 青葉区 ・横浜市 都筑区

・川崎市 中原区 ・川崎市 幸区 ・川崎市 川崎区

・千代田区 ・中央区 ・港区 ・新宿区 ・文京区 ・台東区 ・墨田区 ・江東区 ・品川区 ・目黒区 ・大田区 ・世田谷区 ・渋谷区 ・中野区 ・杉並区 ・豊島区 ・北区 ・荒川区 ・板橋区 ・練馬区 ・足立区 ・葛飾区 ・江戸川区

 以上の地域のほか、業務によって全国対応です。電話相談、メール相談のほか、出張相談も可能。喫茶店などでも可能です。


 


Copyright(C) 2006〜 楓行政書士法務FP事務所